XSERVERで迷惑メール設定をする

XSERVERの迷惑メール設定方法について質問を受けることがありますので、ここにまとめておきます。


迷惑メールの設定

XSERVERマニュアル

https://www.xserver.ne.jp/manual/man_mail_spam_setting.php

設定操作

  1. サーバーパネルで、「メール」―「迷惑メール設定」で、対象ドメインを選択。
  2. 「迷惑メール設定」、「ONにする」

  3. 「迷惑メール基準値設定」で判定レベルを設定する。
  4. 上記の方法で、迷惑メール判定されたメールの件名には[SPAM]という文字が付与されて配送される。

迷惑メールではないメールが誤判定された場合

  1. 「ホワイトリスト設定」を開く。
  2. 「ホワイトリストアドレス」を入力する。
    ・特定のメールアドレス(例)abc@gmail.com
    ・ドメイン毎指定(そのドメインのアドレス全て)(例)*@aaa.com

  3. これにより次回から迷惑メール判定されなくなる。

迷惑メールに判定させたい場合

  1. 「ブラックリスト設定」を開く。
  2. 「ブラックリストアドレス」を入力する。
    ・特定のメールアドレス(例)xyz@yahoo.co.jp
    ・ドメイン毎指定(そのドメインのアドレス全て)(例)*@xyz.com

  3. これにより次回から迷惑メール判定されるようになる。

メールの振り分け機能

さらに、振り分け機能を組み合わせると便利です。

XSERVERマニュアル

https://www.xserver.ne.jp/manual/man_mail_sorting.php

設定操作

「メール」―「メールの振り分け」で様々な条件を設定して処理できます。

サーバーの「迷惑メール」フォルダに隔離し、配送させない方法

メールアドレスごとに迷惑メールを管理したい場合に向いています。

  1. 次のように設定します。
    ・条件1(キーワード):SPAM
    ・条件1(場所):件名
    ・条件1(一致):内容を含む
    ・処理方法(宛先):.Junk
    ・処理方法(配送方法):転送

  2. 「確認画面へ進む」をクリック。
  3. 「追加する」をクリック。
  4. 設定後は迷惑メール判定されたメールが届くと、サーバー上の「迷惑メール」フォルダにのみ保存されます。
    迷惑メールの確認は、ウェブメールにアクセスし「迷惑メール」フォルダ内を確認すればOK。

※設定時に動作確認をするために、処理方法を「転送」ではなく「コピー転送」にするといいです。

特定のアカウントに転送する

対象ドメインの受信メールを一律に管理したい場合に向いています。
迷惑メール判定されたメールを全て、特定のアカウントに転送する方法です。

  1. 次のように設定します。
    ・条件1(キーワード):SPAM
    ・条件1(場所):件名
    ・条件1(一致):内容を含む
    ・処理方法(宛先):メールアドレス ※要注意
    ・処理方法(配送方法):転送
    ※要注意
    同じドメインのメールアドレスでは矛盾するので、別のドメインのメールアドレスを設定します。独自ドメインでメールを運用している場合はデフォルトドメインに専用のメールアドレスを作成して、それを指定するのがよいでしょう。(例)kakunin@~.xsrv.jp

迷惑メールを自動的に削除する

※誤判定の可能性があるので、オススメできませんが、設定可能です。

  1. 次のように設定します。
    ・条件1(キーワード):SPAM
    ・条件1(場所):件名
    ・条件1(一致):内容を含む
    ・処理方法(宛先):gomibako
    ・処理方法(配送方法):転送
  2. ※要注意
    ウェブメールの「ごみ箱」フォルダとは関係ありません。迷惑メールは即時削除されますので、要注意です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください